行きはよいよい帰りは恐い『尾岱沼ふれあいキャンプ場』

 『尾岱沼ふれあいキャンプ場』 5月2日(日)~3日(月) 1泊
画像

 快適だった「ヌプカの里」を後にして、次の宿泊地に向かう。途中で昼食タイムだ。昨日の挽回をしないといけないと思いながら国道241号線を走っていると、なんと昨日たどり着けなかった「プチレスト 鷹ノ巣」が国道沿いにあった。探していた場所が全くの見当違いのところで、本当はすごく分かりやすい場所に店があったのだ。
 次の店は『摩周の豚丼』が食べられる『ぽっぽ亭』というところに決まった。
画像

 店は摩周駅のすぐ目の前にある。中はそれほど広くなくて客が外のベンチで待っている状態だった。ただ後でわかったのだが、2階もあってかなりの人数でも利用できるようだ。ちょうどこの時間に観光バスの団体客が入る予定で、席があまりなかったということだ。店内に貼ってあった色紙などを見るとテレビにも取材されているらしく、この界隈ではかなり有名らしい。
画像

 待つこと5分くらいかな、出てきました『摩周の豚丼』金1,000円なり。
画像

 やっぱりこれはおいしいわ!。香ばしいし、見た目以上に肉の量が多い。帯広の豚丼より好きかも。ということで昨日の昼食の挽回を果たし観光モードに入る。今回は観光主体で、いつものようなのんびりぐーたらはしないつもりだ。まずはじめに行ったところは『多和平』。ここはやっぱり良い。360度の地平線、男らしい感じの風景だ。
画像

 自分的にはこの方角の景色が一番好きだ。
画像

画像

 ここでキャンプすることが私の課題になっているのだが、それは次の宿題にしよう。この建物の中のレストランはなかなかいい雰囲気だ。キャンプの受付もこの建物の中ですることになる。
画像

 次に向かったのは初めて行く『裏摩周』の展望台だ。まだ残雪があり滑りやすい。観光客も割と多かったがそれほどの景色でもないと思う。1回足を運べば十分だ。
画像

画像

 次は裏摩周から8KMのところにある『神の子池』、ネットで写真を見てからぜひ一回は見てみようと思った所だ。
画像

画像

画像
 
 ここも期待外れかな~。これならオンネトーのほうがず~っと良い。そして次は『開陽台』、ここも初めて行く。
画像

画像

 ここよりも「多和平」の方が好きな景色だ。今回った3か所とも1回行けばもういいやという感じのところだった。
 それからしばらく行くと今日の宿泊地『尾岱沼ふれあいキャンプ場』に着いた。なんだか雰囲気が違う。
画像

 なんと『潮干狩りフェスティバル』などというお祭りの期間中だったのだ。
http://www.rurubu.com/season/spring/shio/detail.asp?SozaiNo=010002
 とりあえずいつもの場所にテントを設営する。キャンパーもかなり多いが、車中泊の人もたくさんいた。バンガローも15棟あるが満杯だった。
画像

画像

画像

 いつもの場所に設営する。だいたいこの付近が好きだ。
画像

 夕日が見られたので写真を撮ってみた。
画像

 ここでの本当の楽しみは野付湾から上る朝日だ。この日は下の方に薄い雲があったのか赤い朝日が見られた。
画像

 その後、野付半島に足を延ばす。
画像

 まずは『ナラワラ』。この付近にタンチョウがいた。
画像

 次は『トドワラ』
画像

 ここを見たのはもう10年も前のことだが、その時は枯れ木がずいぶんあって「これはすごい景色だ」と思ったが、今ではほとんど木がなくなっていて、歩いて片道30分もかけて見る価値がなくなってしまっていた。残念なことだ。
画像

画像

 観光から帰って、野付湾を眺めながらのんびりとした時間を過ごす。場内は穏やかで、気温もだんだんと高くなってきた。まったりした時間が流れていく。
画像

 一番奥の中央付近にあるのが我が家のテント
画像

 場内にはミズバショウの群生地があり、ちょうど見ごろになっていた。
画像

画像

 このキャンプ場の設備とかの様子は以前のレポを見てほしい。
http://8410.at.webry.info/200810/article_4.html
 とここまでは時間がゆっくりと流れていた。が、しかし9時少し前くらいになると、ぞくぞくとお祭り目当ての人たちが家族で入場してきた。(10時からだろ~、まだ早いんじゃないの)などと思っても、どんどんと人は多くなり、テントの周りも人が多くなってきた。砂浜に行くのにテントの前を通って行くからだ。
 これはもう撤収しかないでしょ。それも早くしないと人たちの注目の的になってしまう。ということでいきなりハードな状態になってしまった。来年からはこの時期にキャンプするのは無理かもしれない。30分でテントをたたみ車に積み込んで、キャンプ場から逃げるように車を走らせる。キャンプ場の入り口ではお祭りの係員だけではなく警察官も出て交通整理にあたっていた。尾岱沼の住民全部がこの会場に集まってくる・・という感じに思える。
 予定より早めに出発して、次の宿泊地に向かう。そうしたらとんでもないことが待っていた。そのことは次の記事にアップする。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック