初体験!!『士幌高原ヌプカの里キャンプ場』

『士幌高原ヌプカの里キャンプ場』 5月1日(土)~2日(日) 1泊
画像

 今年初めてのキャンプ、ようやく我が家もキャンプシーズンに突入。今年は娘も一緒で彼女の要望で知床まで行くことにした。当初は4月29日のみどりの日から出発する予定だったが、天気がいまいち、予報も好くないので2日遅れの5月1日に出発。天気はあまり好くない。しばらく走ると雨まで降ってきた。今回の道東遠征に向けて、昼食をどこで取ったらいいか一応2~3軒リストアップしておいて、娘と妻に決めてもらうことにしていた。そして初日の昼食は「プチレスト 鷹ノ巣」というところで鹿肉の丼を食べることにしてその店を探した。しかしその店がなかなか見つからない。ネットでとりあえず検索して位置図もプリントしておいたのだが、どうもいい加減な地図をプリントしてしまったのか、店に辿り着けなかった。いきなりのアクシデントだ。腹もすいたので仕方なく上士幌の食堂に入った。3人ともラーメン(塩、正油、みそ)を頼んだのだが、凄くまずい。いつも家で食べているインスタントのラーメンのほうがず~っとおいしい。あ~あ、最初からついていない。気を取り直して、今夜の食材を近くのスーパーで買う。「ナイタイ和牛ハンバーグ」。これ、おいしい。お勧めです。
画像

 その後、目的地に向かう。天気は依然とかんばしくない。気温も低そうだ。でも今回はそれでも大丈夫なのだ。なぜなら『コテージ』に泊まることにしているからだ。これまで「コテージ」はおろか「バンガロー」にも我が家は泊まったことがない。つまり初体験。アハハ・・・。しばらく走ると看板が見えてきた。
画像

画像

画像

 ここが管理等兼食堂兼売店だ。受付に行くと女性が2人いて対応してくれた。そのほかにも男性が2人いたし、若い男性が4~5人外で作業をしていた。ヌプカの里は以前キャンプをしたことがあるが、そのときはカーボーイハットをかぶった男性1人しかいなかったような気がする。ここは町営(士幌町)なのだが力を入れているのかもしれない。【※間違いです。町営ではなく民営でした。6月23日記】
画像

 受付を済ませ鍵とシーツ・枕カバーの入ったかごを受け取り今夜の宿へと向かう。今回は予約を取ったのが遅かったので2部屋続きの1部屋になった。「ニイ・ピリカ・チセ」
画像

 写真の真ん中が私たちも部屋で、左の大きい部屋が研修室になっていた。
画像

 玄関を入るときれいな廊下。
画像

 部屋の中は、
画像

画像

 台所付居間と和室があった。1DKというところだ。室内には生活するのに必要なものはすべてそろっている。
画像

画像

画像

 室内の備品の一覧表があったので貼り付ける。少しぼやけているけど・・・。
画像

 つまり、食材と調味料、歯ブラシがあればOK!ということで、自分のタオルでなければ嫌な人はタオルを持っていけば良い。すごく楽チンだ。いつもは「バンガロー泊などはキャンプじゃない。」なんて否定していたのだが、今回は知床に行くのに毎日泊まる場所変えなければいけないので、最初は力をためておく作戦にしたのだ。ヌプカの里のパンフレットがあったので貼り付けておく。
画像

画像

画像

 部屋からの眺めも最高だ。ここは東ヌプカウシヌプリ(標高1.252m)の中腹くらい(標高600m)にあるので十勝平野を一望できる。
画像

コテージは5つあるが残りの3つを紹介すると
画像

 完全に独立していておまけにロフト付なのである。出来ればそっちのほうがいいんだけれど出発日がなかなか決まらなくて予約が遅くなってしまった。残念!!。
 そうそう、かんじんのキャンプ場を少しだけ紹介しよう。まずは「入り口」。キャンパーの少ないときはここから車で入りオートキャンプが楽しめる。キャンパーの多いときがあるかどうかはわからないが・・・。
画像

 キャンプ場は傾斜があるが、そこを平らにした場所が何箇所かあり、そこにテントを建てればゆっくりできる。ファイアーサークルもある。
画像

画像

 炊事場とバーベキューサイト、かなり年季が入っている。
画像

 ここで泊まったのは2回目だが、ロケーションはやはり最高だ。テントサイトからだとあまりよく見えなかった十勝平野のパノラマが、コテージからだと窓越しに見えるのがすばらしい。
画像

 道東遠征初日は、昼食で失敗したが、宿泊で大満足だった。天気もあまり好くなかったので「コテージ泊」大正解である。でもこんなことをしていたらテントを張るのが嫌になりそうで怖い。まあ、料金がそれなりにかかるので我が家はやはりテント泊ということになると思う。
 コテージ泊初体験に大満足の私でした。そうそう、料金だがパンフレットにも書いてあるのだが見えづらいので紹介すると、コテージ1棟 5,000円。利用者1人 1,000円。つまり今回の我が家は5,000円+1,000円*3人=8,000円で泊まれた。結局、人数が多いほど割安で泊まることが出来るようだ。ちなみに6人まで泊まることができ、お隣のロフト付コテージは若者6人が利用していた。我が家の隣は小学生以下は無料ということを利用して10人が泊まっていた。それでも多分9,000円の料金だと思う。小さいお子さんと行くのにはすごくいいと思う。
 ということで初日は何とか無事に終了したが、次の日はどうだったかな?。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック