『雪遊びも もうお終い』

 先週、すごく暖かい日が続いた。 ということは、雪が融けて「スノーシュー」で遊べる期間も残り少ないということか。今後の最高気温の予想を見ても、プラスの気温になっている。 これじゃあもう森林公園では遊べないな~と思いながら、最後の悪あがきをしに行ってきた。妻は腰痛がするというのでキャンセル。AM10時頃に公園に着いたのだが相変わらず駐車場からはみ出した車が2~30台路上駐車している。

画像


 天気は最高だ。 しかししかし、スノーシューを履いて歩いたら全然雪の中に足が沈まない。雪面の表面が固い。これじゃあ長靴だけでも全然歩けそうだ。と思ってシューを脱いで長靴だけで歩いてみる。ちょっと力が片方の足にかかると「ズボッ」と雪の中に足が埋まってしまう。ゆっくり歩かないとけがをしそうだ。表面の2~3cm位が固いだけで、その下はふかふかの雪だった。

画像


 今回はシューを履かずただの歩きなので「百年記念塔」に行くことにした。本来であれば遊歩道があるのでその通り行けばいいのだが、それでは面白くないので沢を下ったり登ったりしながら記念塔を目指した。

画像


画像


        こんなところを歩いて行きました。足がズボズボ雪の中に埋まります。

画像


 なんとかかんとか記念塔に着いたら、園路の工事中だった。どんな風になるのか興味深いが、この時期に工事するのだから良いものは出来ないんだろうな~。

画像


画像


 ここから見る方角の案内があり、どこを見ているのかが分かるようになっている。

画像


 この付近から札幌方面をみると山の稜線が見えて良い感じなのだが、今回は良く見えなかった。

画像


 帰りも普通のルートではなく、道なき道を何とか帰ってきたが、行きと違い記念塔という目印がないのでとんでもないところに出てしまい30分以上タイムロスをしてしまった。

           途中の木々にはもう膨らんだ芽が出ていた。もう春が近い。

画像


 これで来シーズンまでしばらく「スノーシュー」とはサヨナラだ。

 『ティアリングサーガ』 またやってしまった。本当に飽きないんだよな~。またエンディングの写真を取ってみたので貼り付けちゃおうっと。

 「?」 「メリエル」 「プラム」 「メル」 「サーシャ」 「カトリ」 「エンテ」 ん~ん!一番初めは誰だろう?。「ティア?」 そんな登場人物いただろうか?。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像


 今回は、登場人物がみんな死んでしまったら、エンディングはどうなるのかな~と思って、死んだらゲームオーバーになる人物を除いて、みんなに死んでもらった。 ラストに「モースの塔」に行って誰を行き返させるかの選択があるのだけど、何人死んじゃったんだろう。

画像

画像

画像

画像

画像

画像


 死んでしまった人、全部で46人。これだけ死なせるのは本当に心苦しかったけど、ごめん。

エンディングは死んだ人の会話が無くなるので当然に短くなるのだけど、会話の内容にそれほど変化はなかった。無駄なことをしてしまった。本当にごめん。この殺人鬼め!!。

 ごめんついでに「食べ物の話」をひとつ。

前に行ってがっかりした店 中華 「柳華亭」 。ネットなどで見るとわりと評判が良かったので行ってみた。以前に息子と一緒に行って「坦々麺」を食べたことがある。その時はまあまあかな~と思っていた。 しかし今回は。

 開店直後に入ったがすぐに席はほとんど埋まってしまった。結構期待しながらメニューを眺める。

画像

画像


 種類は多い。またいろいろなアレンジで注文できるようだ。値段もそれなりかな~。

頼んだのがこの店一押しの 『坦々麺』 妻の好きなメニュー 『あんかけ焼きそば』 私はチャーハンが食べたかったので『チャーハンセット』。

画像

画像

画像


 すべてが甘すぎる。特にあんかけはどれだけ砂糖を入れたのかというくらい甘すぎる。 あと、チャーハンなんだけどパラパラチャーハンではなくて、パサパサチャーハンだった。スープと一緒でなければ飲み込めない。それでもお客さんはどんどん入ってくるんだよな~。全然わからない。  我が家の味覚がおかしいのかもしれないな~。そんなことないと思うけどな~。

そうそう、禁煙まだ続いてますよ。もう少しで9カ月になります。 自分でも驚いていますが、タバコのことが頭に浮かばなくなってきました。まだまだ大丈夫ですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック