『禁煙生活』1カ月

画像


 禁煙して7月7日で28日間目になる。約1カ月といったところだ。「禁煙外来」の治療も丁度折り返し地点となる。なんとなく1カ月が過ぎたな~という感じで、煙草を吸いたいという強い願望もあまりなかった。先週キャンプに行って焚き火した時が一番の危機だったのだけど、煙草は持っていないし、自動販売機はカードを持っていない私は使えないので、煙草が手に入らないという状況が良かったと思う。
 
 これからはニコチンパッチも1段階小さなものに変わる。30cm2から20cm2の大きさのものを身体に張ることになる。2週間この大きさのものを使用し、次の2週間は10cm2の大きさのものを使用して治療は終了だ。
 あっ、最初の写真は江差の開陽丸の写真です。

画像


 左側が30cm2のパッチで、右側が20cm2のニコチンパッチだ。このパッチのおかげで禁断症状も軽くなっているのだろう。というよりもニコチン自体身体に取り入れているから禁断症状はないんだろう。今の段階は、煙草を吸うという行為を忘れるための期間かもしれない。ということでこれまでは順調に経過している。

 先週末、用事があり江差に行ってきた。その時の様子をアップしようと思う。八雲から熊石に抜ける八熊線の熊石近くにきれいなトイレがある。ここは知っておいた方がいいと思うので紹介する。

画像


画像


 丁度江差の町はお祭りだった。「江差かもめ島祭り」というらしい。砂浜では町の漁師がたくさん集まってしめ縄を作っていた。「瓶子岩」のしめ縄を交換するのだという。昔の若い衆が大勢で編み上げていた。

画像


画像


 この「瓶子岩」のしめ縄の交換だ。その様子は見なかったけど、翌日の新聞を見ると若い男子がしめ縄を交換しているのが載っていた。

画像


 江差の街並みを紹介しよう。美瑛や静内などいろいろな街でも行われているが、ここの街並みもなかなかいい感じだった。『いにしえ街道』というらしい。平成元年に着手し平成16年に完成したそうだ。国道228号線に並行している道路の両側にこのような建物が並んでいる。

画像


画像


 上の写真は普通の民家なんだけど、昔風に建てなおされている。次は商店。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


 いろいろな店を並べてみたが、見ているだけで面白い。なかには『重要文化財』に指定された建物もある。その1件が『横山邸』。

画像


画像


 この街並みは、1度は見に行っても面白いと思う。『追分会館』 『開陽丸』 『かもめ島』 と並ぶ観光の見どころとなるだろう。

 函館で1泊して短い時間を利用して『四季の杜公園』に行ってきた。ここもなかなかいいところだ。観光客はあまり知らないところだと思うが、函館山から見るのと反対側から函館の街が一望できるので1度は行った方がいいと思う公園だ。施設、設備も素晴らしい。

画像


画像


 ということで「禁煙1カ月」と「江差の様子」を紹介した。今週末はキャンプに行きたいのだけど、行きたいところのキャンプ場付近の水位が上がっているらしい。水位が上がるとテントサイトがなくなりそうなんだけど大丈夫かな~?とりあえず行ってみるか、天気次第なんだけど・・・・。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック