『東大沼キャンプ場』 その1

『東大沼キャンプ場』 4月30日(木)~5月2日(土) 2泊

画像


 久しぶりのキャンプに心が躍る。妻もこの時期の車の大渋滞を経験しているので、早めに家を出る。といっても8時10分なのだが。今回は以前にも増して手抜きキャンプにしようということで、米は持っていかないことにした。
 車は順調に流れる。八雲で昼食、「ホットモット」の弁当で済ませる。その後も車は順調に走る。森町を過ぎて駒ヶ岳が見えてきた。この時期にしては残雪が多く初めて見るような気がする。

画像


キャンプ場には2時過ぎに到着。先客はほとんどいない。いつものテントを張る場所に行ってみたら、風がやたら強い。これではテントは建てられないな~と思い、少し風の収まるのを待つ。

   遠くに見えるトイレの奥がいつものテントを建てる場所

画像


  この松の付近が一番好きな設営場所

画像


しかしいっこうに風は収まらない。その場所はあきらめて、駐車場側に行ってみる。こっちは風がほとんどない。適当な場所を選んで、テントを設営。こちら側からは「駒ヶ岳」が一望できる。それで良しとするしかない。ロケーション的にも、環境的にもいつも張っている松林の付近の方が断然優っているのだが、こう風が強くては仕方がない。

画像


画像


 しばしのんびりして、夕食を買いに大沼公園のコンビニに走る。この付近には「サンクス」しかない。弁当を買ってテントに戻ると、こちら側も風が強くなっていた。その分、体感温度が低く寒いので、テントの中で食事を取ることにした。この日のテント泊は我が家も入れて5組、バイカーがそのうち2組だった。すべて駐車場側に陣取っている。

画像


 このキャンプ場の楽しみの一つは湖面に沈む夕日なのだが、この時期の夕日はそれほどきれいだということはなかった。やっぱり、夏から秋でなければ感動的な夕日には出会えないようだ。暗くなって、いく分風が収まったので、焚き火タイムにする。やっぱり焚き火の炎を眺めながら、一杯やるのは心が落ち着く。しばらくしてまた風が出てきたので、早めにテントにもぐった。

 翌朝、早めに目が覚めたので「大沼一周」することにした。以前も一度一周したのだがその時は気温が高くて、汗だくになった記憶がある。今回は早朝なので気温は低く「ウォーキング」にはちょうど良い。一周14km弱、少し早めに歩けば、2時間と少しで一周できる。1kmごとに距離標が出ているので、目安になる。途中水芭蕉の群生地があり、ちょうど見頃だったので写真を1枚。

画像


軽めの朝食を取り、今日は函館の親戚回りに行く。次女が2週間前に結婚したので、お祝いを頂いた親戚の家にお礼に行くのだ。あちこち廻りキャンプ場に戻り、夕食におでんセットを買った。周りを見渡すと全部で15組くらいのテントが立っていた。この日も、焚火と酒のセットを満喫できた。結構星も出ていたが、月が明るすぎて素晴らしいとは言い難い。それでこの日も早めに就寝。

 次の朝、場内を歩いていると我が家と同じ「ティエラ」の崩壊寸前の場面に出くわした。風が強くその夫婦は奥側のトイレ付近にテントを張っていたので風をまともに受け、また、砂地の上にテントを建てていたのでペグがほとんど抜けてしまっていて、テントが飛ばないように押さえているのが精一杯のようだ。テントを抑えるのを手伝って、その間にご主人が抜けたペグを打ち直し崩壊には至らなかった。彼らのテントは「ティエラ5」我が家は「ティエラ3」、大きさが随分と違う。その分風を受ける面積が大きくて今回のようになったと思われる。大型テントは風にはひどく脆いものだ。

 今日も親戚回りだ。これから江差の親戚の所に行って、それから函館市内の親戚回り、今晩はお互いの実家に泊ることにしている。5月3日に長女がキャンプに合流することになっているのでテントはたたまず、そのままにしておく。

 今回のキャンプ、自分の考えていた場所に建てられなかったのと、親戚回りに忙しかったのとで、いつものようなゆったりとしたキャンプが出来なかったのが残念だ。でもここでもう1~2泊しようと思っているので、そのキャンプに期待する。では『東大沼キャンプ場』その2 までいましばらくお待ちください。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 最高のキャンプ日和 『東大沼キャンプ場』

    Excerpt: 『東大沼キャンプ場』 チョット時間が経ってしまったがご報告。 6月8日(水)~10日(金) 2泊  G.Wキャンプ以来しばらくキャンプに行っていなくて、少し体がなまってしまったようだ。どうにも気.. Weblog: 北海道ぐーたらキャンプとグータラな日々 racked: 2011-06-15 11:00